その他 家族/親/親戚/子供

「春の息吹」

投稿日:2017年3月20日 更新日:

3月といえば、もう春の息吹を感じる季節ですね。それは人間に限らず、植物も動物も待ち焦がれていた季節だとも言えます。
街や家の近所等どこでも見かけるカラスですが、カラスの繁殖期は春から夏です。
その時期は、カラスが人を襲う事もあるので注意が必要です。
私も、数年前に一度カラスに襲われましたが、それはそれは怖い思いをしたものです。真っ黒な色と大きさは間近でみるとかなりの迫力なのです。
ということで本日は春を迎える前に、カラスの対策を書きます。

4月から7月までは、カラスの繁殖期です。カラスに限らず、野鳥の多くは、巣に外敵が接近すると追い払おうと攻撃してきます。
カラスの場合、最近は、街路樹や庭木などの、人のすぐ近くで子育てをしています。
そのため、巣と人が異常に接近してしまうために攻撃を始めるのです。

パソコン・周辺機器

しかし、カラスの巣があり、子育てをしているからといって全てのカラスが攻撃をするわけではありません。
カラスが一番警戒するのが、巣の中を見られることです。ビルなどの屋上やベランダはカラスの巣の内部が見えます。
カラスの親はその様な場所に人間などの天敵が来るのが一番恐れています。したがって、こういったところに立つとかなりの確立で攻撃を受けます。
巣を見なく景色を眺めるだけでもカラスは巣を狙っている敵と思うので、「いい天気で気持ちいいなあ」などと屋上でリラックスしていると、後ろからいきなりドーンと蹴られることがあるのはそのためです。
また、この場合は卵の場合でも攻撃をしてくることがあり、攻撃の期間が4月はじめから7月までと長いのが特徴です。さらに一回攻撃を受けた人間は巣を狙う敵としてカラスに要注意人物として記憶されてしまうことが多く、営巣木の下を通っただけでも襲われるようになることがあります。
(私が、カラスに襲われたのもガードレールを歩いている時でした。)

では、カラスに襲われないためにはどうすればいいか?
あたりまえですが、カラスを怒らせないことです。
カラスを怒らせない行動とは
? 巣を観察しない(特に巣の中をのぞくことは厳禁)
・巣の近くでうろうろしない
・巣の近くで立ち止まらない
・巣のそばで大声で携帯電話で話さない

ということです。そして対策をとるのに巣がどこにあるか知らなければはじまりません。
巣は、カラスの攻撃のあった場所の近くの一番大きな樹木にある可能性が高かく、真下に行って幹近くに枝がたくさんつまれた固まりが見えたらそれが巣です。

パソコン・周辺機器

-その他, 家族/親/親戚/子供
-, , ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

「子供達の将来の夢」

  長男 小学6年生の夢 ゲームクリエイター 次男 小学2年生の夢 警察官 長男から「警察官になるのに、警察学校に行くんだよ」の一言で、夢を諦めかけている次男。 3男 小学2年生の夢 サッカ …

「幸せに生きるために」Part2

  ちょっと念頭に置いてると毎日が楽しいかも^^ 11.意味もなく怠けない。 行動することには常にリスクがつきものです。でも、考えすぎてはダメです。 一塁ベースに足を置いたままでは、いつまで …

「甘える」part3

  「甘える」=「媚びる・依存」って思ってる人いるけど。。。それは、違うよ。。。 甘えることを、勘違いしている人もいるけど、甘えることは、媚びることではない。 「媚びてるのは嫌!」という人が …

「資産運用」

欧米諸国などの先進国では、主婦や会社員など多くの方が、ごく一般的に資産運用を行っており、年間所得の一部は、資産運用・資産形成で得ていると言われております。 また、アメリカでは学校教育の中でも「資産運用 …

「選ぶ楽しさ」

  嫁さんと子供にたま~~~~ぁに「ケーキ」を買って帰ります。 デパ地下のケーキ屋さんにちょっと寄って帰るときもあるし、スーパーで済ますこともあります。     うちは、 …