お金/不動産/投資/FX 仕事/ビジネス/起業/パートナー 遊び/夜遊び/大人の遊び

「新聞紙を50回折ると」

投稿日:2016年11月30日 更新日:

新聞紙を50回折ると、どの位の厚みになると思いますか?
数センチでしょうか?いやいや数十センチでしょうか?
もしかしたら、数メートル?
実は、50回折った時の厚みは約100億kmにもなるのです。
地球から太陽までの距離が約150億kmなので、あと一回折ればラクラク到達しますよね。
実際は新聞紙を50回折ることはできませんが、倍々になる事の驚異を伝えたかったのです。
そして、倍々もしくは近い賭け方をするとFXやその他のギャンブルにおいて大勝ちする事ができるのか?ということは昔から実践されていることですが、大金持ちになったという話は聞いた事がありませんね。
では、どのような賭け方があるのでしょう。
【マーチンゲール】
最も古典的かつ有名な手法で、カジノ必勝法として永らく愛されてきた。倍賭け法とも言われます。
まず1単位賭け、負ければその倍の2単位、さらに負ければそのさらに倍の4単位、と賭けていき、一度でも勝てばただちに1単位に戻す、という手法です。試行回数に関係なく、勝った時には1単位を得ることになる。
多くの場合には少額の勝ちであるが、負ける時は大敗する。負けが連続するとたちまちパンクしてします手法ですね。
【グランマーチンゲール】
マーチンゲールのバリエーションの一つで、大マーチンゲールとも呼ばれます。
まず1単位賭け、負ければその倍の2単位+1の合計3単位、さらに負ければ倍の6単位+1の合計7単位、と賭けていく手法である。常に試行回数×1単位を得ること狙う攻撃的な手法。マーチンゲールよりパンクのリスクは高くなります。
【パーレー】
逆マーチンゲールとも呼ばれ、その名の通りマーチンゲールの反対の手法をとります。
すなわち、1単位賭けた後、勝てばその倍の2単位、さらに勝てばその倍の4単位、負ければ1単位に戻す、という手法である。もちろん、勝ち続けても1回でも負ければ損となるため、どこかで1単位に戻して獲得金をしっかりと自分のものにします。分散はマーチンゲールの鏡対照となります。
稀に大勝をすることもありますが、多くは小敗してしまうスタイルです。

新聞紙を折っても現実的には太陽まで到達する事が出来ないのと同じように、ギャンブル的な賭け方では、最後にはパンクしてしまいます。
やはり大やけどをしない事が大切ですね。

-お金/不動産/投資/FX, 仕事/ビジネス/起業/パートナー, 遊び/夜遊び/大人の遊び
-, , , , ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

「おごってもらいたい食事」

おごってもらいたい食事や、高級な食事の代名詞といえば、やっぱり焼肉でしょ!! 私は、基本的に友人と焼肉を食べに行った時は、カルビやロースそしてご飯があればそれで十分でしたのでいつもそのような注文をして …

「スポーツとして楽しむ」

最近では、スポーツとして楽しむ人も増えているようです。 さて、自転車の歴史はそれほど古くないといわれていますが、いつごろに誰が造ったのかは、はっきりしていません。 パソコン・周辺機器 さまざまな説があ …

「資産運用」

欧米諸国などの先進国では、主婦や会社員など多くの方が、ごく一般的に資産運用を行っており、年間所得の一部は、資産運用・資産形成で得ていると言われております。 また、アメリカでは学校教育の中でも「資産運用 …

「クリスマスといえばシャンパン」

クリスマスといえばシャンパンですね。本日はシャンパンについての豆知識をお届けしますね。 日本ではお馴染みのシャンパンですが、本当はシャンパーニュと呼ぶのが正しいようです。 シャンパンフランスのシャンパ …

no image

「辛い」って漢字の意味って知ってる?

  「辛い」に一筆書き足すと「幸せ」って漢字になるよね。 だから、辛い時に努力しないと、幸せは来ないって事。 1回つかんだ「幸」は逆さにしても「幸」なんだよ^^ 知ってた?知ってる人って何人 …