お金/不動産/投資/FX

「メリマンの法則」

投稿日:2016年12月23日 更新日:

相場の世界には天文学駆使して利益狙うプロの運用者がいます。その第一人者がメリマンというアナリストです。
メリマンはアメリカ人の相場アナリストで、アストロロジーで有名です。アストロロジーとは、金融占星術の事ですが、アストロロジーは、星の動きで、相場の動きを予測する方法ですから、好き嫌いがはっきりします。
嫌いな人は、星占いで相場が当たるわけがないと全く興味を持ちません。
一方では、アストロロジーが価格・時間ともに相場予測に向いているとして信頼している人もいます。

パソコン・周辺機器
アストロロジーが相場に利用できる理由として、生物が成長するスピードがフィボナッチに支配され、相場が1/2押し・1/3押しなど、時にパターン化して動くところは自然界は、何らかの法則に支配されており、星の動きもその一つであるという意見があります。
相場師として有名なギャン氏も聖書や占星術を利用しており、レーガン大統領夫人のナンシー氏には、お抱え占星術師がいてレーガン夫妻の行動に影響を与えていたのは有名な話です。

パソコン・周辺機器
メリマン氏は著書の中でも、天界で起こったことは下界でも起こる。これは古来より天体、星座(特に黄道帯)及び恒星等の全てが人間、および自然活動と合致する現象的な意味を持っている。これが相互に作用して、ある一定のコンビネーションを形成すると、心理的な原動力が高まり、集団の行動と同調する。たとえば、多くの天体が火のサイン(牡羊座・獅子座・射手座)に位置すると、地球上で熱波が発生しやすい。多くの天体が水のサイン(蟹座・蠍座・魚座)に位置すると、多くの地域で洪水が起こりやすい。
また、水星が逆行したら、思わぬハプニングがあると言われていて、例えば災害、相場のシステム障害、他には日常生活において大事な契約が決まらないなど色々ありますが、とにかく何らかのショックが起こると言われています。この事を「メリマンの法則」と言います。
相場って面白いですよね。ホントに色々な分野から参入してきますから。

パソコン・周辺機器

-お金/不動産/投資/FX
-, , ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

「FXの自動売買システム」

アッシリア帝国、イギリス帝国、ドイツ帝国、大日本帝国、ローマ帝国、モンゴル帝国、どの帝国もその時代の中では、勢力がありましたが、どの帝国も世界制覇をするには至っておりません。 そして現代社会においては …

「NISA」

NISAとは国を挙げての取り組みですが、NISAの目的は大まかに言うと2つあります。 ・将来に備えた資産づくりを促進する ・経済成長のために預貯金といった家計が持つ金融資産を有効に活用する。 という事 …

「プライベートバンク」

プライベートバンク(以下PB)とは誰でも知っている言葉ですが、ほとんどの人はPBの詳しい中身は知らないのではないでしょうか。 なぜ、詳しく知らないかといえばそれは、匿名性の高さがPBの特徴ともいえるか …

「事業投資セミナー」

とある事業投資セミナーでの事です。 1億を3億にする事と100万を300万にするのってどっちが簡単ですか? 業者さんいわく、1億を3億にする方が簡単だそうです^^   本当か?個人的にはどっ …

no image

「収入を増やしたい(^O^)」

  収入を増やしたいって人をたくさん知っています(^O^) でも、収入を増やしたいって言ってる人の9割以上の人は、収入を増やす事が出来ないようですf^_^;) やっぱり、9割の人は、誰かがお …