その他 遊び/夜遊び/大人の遊び

「カリフォルニアワイン」

投稿日:2016年12月22日 更新日:

最近はカリフォルニアワインの方がワイン通の間では流行っている様です。その理由を聞いてみるとなかなか面白かったので書かせていただきますね。
1976年にフランスでフランス産のワインとカリフォルニアのワインはどちらの方が美味しいかを勝負をするというイベントがありました。
まず、フランスとカリフォルニアを代表するワインをそれぞれ出し合い、トップはどっちだ?ということで勝負をしますが、フランスからは4本、カリフォルニアから6本出し合い比べて試飲するという企画でした。審査員は目隠しをして、ワインを手渡されて試飲をして採点していく方式です。
結果はなんと!カリフォルニア産が1位に輝いてしまいます。

パソコン・周辺機器

カリフォルニア産とフランス産の本数については、のちに「統計的に不公平で、カリフォルニアが最初から有利になっている」という異議申し立てを生むことになりました。たしかに、公平を期すならば5本ずつにすべきところです。主催者がカリフォルニアを多くしたのは、圧倒的に劣勢だと思われた挑戦者に対するある種の「配慮」が働いていたからだという話です。

とにかくフランスにとってはとても屈辱だったらしく、30年後の2006年にリターンマッチが行われます。

そして・・・またもやフランスは敗れ、カリフォルニアの防衛となってしまったのです。今度は言い訳の通用出来ない、公平に出し合った訳ですからね。

フランスのワインは比較的何十年も熟成させたワインを武器に、カリフォルニアはブドウをブレンドさせた斬新なワインの戦いだったようです。
フランスの生産者たちは予想外の結果にショックを受け、当初は自己憐憫的な負け惜しみを口にするばかりでした。しかしフランス人たちも、やがては時代が変わったことを悟ります。王座にあぐらをかいてはいられない、真摯に品質向上に取り組まねばならないというわけです。スパリュアはこの点について、次のように語っています。

パソコン・周辺機器
1976年当時、フランスの生産者たちは思い上がっていました。フランス産ワインであることが、自動的に最高品質を意味すると固く信じていました。しかし、技術的な面では、当時のフランスはカリフォルニアに劣る部分があったのです。

確かに何事も熟成される事は良いのですが、熟成のみで進歩や改善がなければ発展はありません。
熟成させ、改善したものが当システムなのです。いわばカリフォルニアワインですね。

PS.私にとって一番の酒のつまみは、チーズと生ハムで美味しいお酒を飲めますからね

パソコン・周辺機器

-その他, 遊び/夜遊び/大人の遊び
-, , , ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

「スキーブームが到来」

リオオリンピックに世界中が湧きましたが、本日はウインタースポーツの代表格であるスキーについて書きたいと思います。 日本におけるスキーは、1972年の札幌オリンピックをきっかけにスキーブームが到来したと …

「スマートフォン」

今や、スマートフォンをご利用の方であれば知らない人はいないであろうLINEですが、 私も投資家の方とアポイントをLINEでとったりと、LINEの利用者の一人です。 日本国内では「Facebook」「T …

「カフェ会でお会いした人」

「世界中で貧困で苦しんでいる人達を笑顔にしています」 「世界には、貧困で苦しんでいる人が沢山いるので、その人達を助ける為に、私は〇〇をして、勉強をしています。」って自己紹介を受けました。 そのあと、い …

「いい女の条件」ってなんだろう? (嫁編)

  <個人の意見です。意見のある方は、コメント欄に記載してください。> 「いい女の条件」は3つ ・コミュニケーション力がある ・愚痴より感謝が多い ・経済観念がある 嫁としては、こんな感じか …

「面白い電話番号」

110番や119番はなぜその番号になったのでしょうか? それは、昔の電話がダイヤル式の電話だった時に、緊急時の電話でも心を落ち着かせるために、最後の一桁の0や9を回すことによって心を落ち着かせる時間を …