仕事/ビジネス/起業/パートナー

「イノベーター理論」

投稿日:2016年12月6日 更新日:

マーケティングの世界に、イノベーター理論というものがあります。
これは、1962年にスタンフォード大学のエベレット・M・ロジャース教授が提唱したもので、新商品・新サービスの導入が早い順番に消費者を5つに分類しています。

まず、冒険心にあふれ、進んで新たなものを導入する「イノベーター」。市場全体の2.5%とされています。
二番目に、流行に敏感で、自ら情報収集・判断を行う「アーリー・アドプター」。他の消費者への影響力が大きいところから「オピニオン・リーダー」とも呼ばれます。全体の13.5%。
三番目に、比較的慎重な「アーリー・マジョリティ」。全体の34%と、大きな割合を占めます。
四番目に、懐疑的で、周りの多くが導入しているのを見てから同じ選択をする「レイト・マジョリティ」。これも34%と、大きな割合を占めます。
最後に、流行が一般的なものになるまで導入しない(あるいは最後まで導入しない)、最も保守的な「ラガード」。全体の16%。

この内、「イノベーター」から「アーリー・アドプター」まで消費者が増えて、普及率が市場全体の16%に達すると、市場はその後一気に拡大するとされており、「アーリー・アドプター」の最後の一人というのはとても重要な存在といえるでしょう。

市場の大きさをどう判断するかにもよりますが、当システムの場合、最初の段階「イノベーター」から二番目の段階「アーリー・アドプター」に昨年中には到達したのではないか、と考えています。

-仕事/ビジネス/起業/パートナー
-, , ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

「副業についてのお茶会を主催しました。」

収入の入り口は、いくつあっても困りません^^ 実際に、複数収入があることで、できないって思ってた事が出来るようになった人いました。 参加者の人達も実際に複数収入がある方がいました。 ・本業サラリーマン …

「弱点」

どんな勇ましい英雄にも、必ず一つや二つは弱点があったのではないでしょうか。 ギリシャ神話に登場するアキレウスは幼いころに、わが子の不死を願った母によって、ある川に浸されました。 しかし、川に逆さに浸す …

「1流と2流の差」

1流は1流です。3流は3流です。。 どこの世界も、1流もいれば、2、3流もいます。 その世界で、生き残れるは、やっぱり1流のみ、2,3流は、良いように使われて終わる。。。だけ。 2、3流の代わりは、大 …

「人間力」

人間力という言葉を見たり聞いたりしたことはありますか? 人の心を動かしたり、引き寄せたりする力や懐の深さ、人間的な魅力など、人が社会で生きるために大事な総合的能力を指します。 パソコン・周辺機器 しか …

「サラリーマン」part8

  18年目~退職 <辞めるを選んだ> 安定を無くして、退職金も多少多くいただき、会社に感謝しながら、1年過ごしてみたが、自分が何もできないことに気がつく。。。 会社にいれば、後輩達から慕わ …