お金/不動産/投資/FX

「アメリカのドル紙幣」

投稿日:2016年12月5日 更新日:

アメリカのドル紙幣についての続きですが、本日は2ドル紙幣についての面白いお話を書かせていただきます。

2ドル紙幣は、最近では独立200年記念として発行されました。流通はしているものの、その量は他と比べて極端に少なく、アメリカ国内でも実物を見ることは滅多にないそうです。
その珍しさから 「2ドル札のように疑わしい(Doubtful as Double)」という言回しも存在するほどです。
ですから、昔は縁起が悪いといわれていました。縁起をよくするためには、2ドル紙幣の周囲の余白を切り取ると良いとも言われていて、少し前までは紙幣の周囲の余白を切り取った2ドル紙幣が多く見られたそうです。
しかし、最近ではその希少性のために逆に人気が出てきています。
北朝鮮と隣接した中国国境都市では2ドル紙幣ブームが起きているそうです。 手に入りにくいため、10ドルで売れたりもするそうです。
‘幸運の紙幣’という俗説が広がり、北朝鮮内の幹部が2ドル紙幣を賄賂として受け取るケースも多いとのことです。

米国の自由アジア放送(RFA)は9日、中国を出入りする平壌の華僑の話を引用し、
「2ドル紙幣を所持していれば縁起がいいといううわさが北朝鮮全域に広まり、2ドル紙幣を頼んでくる人たちが非常に多い」と伝えました。

2ドル紙幣に大きな関心を見せているのはほとんどが北朝鮮の幹部。 賄賂として2ドル紙幣を受けると大喜びするといいます。

-お金/不動産/投資/FX
-, , ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

「仮想通貨」

仮想通貨のセミナーを聞きに行ってきました。 契約まで終わらせ、お金を渡して振込で完了までしてきました。 帰りに、お誘いしていただいた人に、思ったことを伝えたら、 「カチン」と来たんでしょうね。 その後 …

「投資と資産運用の違い」

「投資と資産運用違いを教えてください」正直、一緒です。 両方ともリスクはあります。言い方を変えてるだけです。 どちらも、お金がなくなります。   <投資のイメージ> ・すぐにお金が倍になる。 …

「NISA」

NISAとは国を挙げての取り組みですが、NISAの目的は大まかに言うと2つあります。 ・将来に備えた資産づくりを促進する ・経済成長のために預貯金といった家計が持つ金融資産を有効に活用する。 という事 …

「豪華客船でのクルーズ旅行」

豪華客船でのクルーズ旅行というのはお金持ちの人たちだけに許された道楽のようでしたが、最近では横浜を出発して釜山と長崎を経由する6日間のクルーズだと6万円以内でもあるそうです。 良い時代になったものです …

「生涯賃金」

生涯賃金という言葉をご存知ですか? 読んで字の通り生涯において、どれだけの賃金を稼いだかという意味の言葉です。 誰でも給料や報酬を毎月貰っているので、漠然とした金額は把握している人も多いと思いますが、 …