お金/不動産/投資/FX

「アメリカのドル紙幣」

投稿日:2016年12月5日 更新日:

アメリカのドル紙幣についての続きですが、本日は2ドル紙幣についての面白いお話を書かせていただきます。

2ドル紙幣は、最近では独立200年記念として発行されました。流通はしているものの、その量は他と比べて極端に少なく、アメリカ国内でも実物を見ることは滅多にないそうです。
その珍しさから 「2ドル札のように疑わしい(Doubtful as Double)」という言回しも存在するほどです。
ですから、昔は縁起が悪いといわれていました。縁起をよくするためには、2ドル紙幣の周囲の余白を切り取ると良いとも言われていて、少し前までは紙幣の周囲の余白を切り取った2ドル紙幣が多く見られたそうです。
しかし、最近ではその希少性のために逆に人気が出てきています。
北朝鮮と隣接した中国国境都市では2ドル紙幣ブームが起きているそうです。 手に入りにくいため、10ドルで売れたりもするそうです。
‘幸運の紙幣’という俗説が広がり、北朝鮮内の幹部が2ドル紙幣を賄賂として受け取るケースも多いとのことです。

米国の自由アジア放送(RFA)は9日、中国を出入りする平壌の華僑の話を引用し、
「2ドル紙幣を所持していれば縁起がいいといううわさが北朝鮮全域に広まり、2ドル紙幣を頼んでくる人たちが非常に多い」と伝えました。

2ドル紙幣に大きな関心を見せているのはほとんどが北朝鮮の幹部。 賄賂として2ドル紙幣を受けると大喜びするといいます。

-お金/不動産/投資/FX
-, , ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

「新聞紙を50回折ると」

新聞紙を50回折ると、どの位の厚みになると思いますか? 数センチでしょうか?いやいや数十センチでしょうか? もしかしたら、数メートル? 実は、50回折った時の厚みは約100億kmにもなるのです。 地球 …

no image

「為替相場に限らす」

為替相場に限らす、マーケットの動きを予測するのは容易な事ではございません。 私も、トレーダーの頃はマーケットの動きを見極める為には、どうすればよいか先輩に相談した事があります。 そしたら先輩から、日ご …

「努力に勝る天才はない」

付き合いのある美容師に髪の毛をカットしてもらいました。 で、だから?なんて思わないでもう少し私の話にお付き合い下さい。 どの業界にも言える事ですが理容業界においても一人前なるには、最低10年の修行が必 …

no image

「問題の95%は金で解決」

  世の中は金である。 綺麗事で、幸せにはなれない!!! ~~~~~~~~~~~~~~~~~ 成功者の格言はたくさんありますが。 実際にそれらを実感できるのは、既にうまくいった人だけ。 「愛 …

no image

「仮想通貨」

最近、良く、この話題にぶつかります。 「仮想通貨って言葉、聞いた事あるけど、何?」って人もいるようです。 仮想通貨とは、なんでしょうね? 感覚的にインターネット上で使える、グローバル通貨って位置づけで …