お金/不動産/投資/FX

「アメリカのドル紙幣」

投稿日:2016年12月5日 更新日:

アメリカのドル紙幣についての続きですが、本日は2ドル紙幣についての面白いお話を書かせていただきます。

2ドル紙幣は、最近では独立200年記念として発行されました。流通はしているものの、その量は他と比べて極端に少なく、アメリカ国内でも実物を見ることは滅多にないそうです。
その珍しさから 「2ドル札のように疑わしい(Doubtful as Double)」という言回しも存在するほどです。
ですから、昔は縁起が悪いといわれていました。縁起をよくするためには、2ドル紙幣の周囲の余白を切り取ると良いとも言われていて、少し前までは紙幣の周囲の余白を切り取った2ドル紙幣が多く見られたそうです。
しかし、最近ではその希少性のために逆に人気が出てきています。
北朝鮮と隣接した中国国境都市では2ドル紙幣ブームが起きているそうです。 手に入りにくいため、10ドルで売れたりもするそうです。
‘幸運の紙幣’という俗説が広がり、北朝鮮内の幹部が2ドル紙幣を賄賂として受け取るケースも多いとのことです。

米国の自由アジア放送(RFA)は9日、中国を出入りする平壌の華僑の話を引用し、
「2ドル紙幣を所持していれば縁起がいいといううわさが北朝鮮全域に広まり、2ドル紙幣を頼んでくる人たちが非常に多い」と伝えました。

2ドル紙幣に大きな関心を見せているのはほとんどが北朝鮮の幹部。 賄賂として2ドル紙幣を受けると大喜びするといいます。

-お金/不動産/投資/FX
-, , ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

「消費税の増税」

消費税増税が、とうとう間近に来ました。 2014年4月の消費税の増税によって、家計の負担は具体的にどう増えるのか。総務省の家計調査を基に月収別の世帯で月々の負担増額を算出したところ、月収20万円では4 …

「シングルママは大変」

  賃貸不動産借りに、街の不動産屋さんに行ってきました。 不動産借りるのは、理由があって探しています^^ まぁ、今回は、ココの話は置いといて。。。 不動産屋の後ろの電話の内容です。 電話内容 …

「通貨戦争」

数年前から「通貨戦争」という言葉が流行っています。私はこういう話大好きなんですよ。一概に通貨戦争って言われても一体なんの思惑があり、どんな効果があるかはなかなか理解しずらい部分です。 つまり、為替市場 …

「相変わらずだね^^」

「相変わらず、毎日、楽しそうだね。儲かってるの?」って言われました。 運用も順調に行ってるからね^^ 問題なく楽しく毎日過ごしてます。 やっぱり、運用結果が気になるみたいのようです。 俺を知ってる人は …

「プライベートバンク」

プライベートバンク(以下PB)とは誰でも知っている言葉ですが、ほとんどの人はPBの詳しい中身は知らないのではないでしょうか。 なぜ、詳しく知らないかといえばそれは、匿名性の高さがPBの特徴ともいえるか …