お金/不動産/投資/FX 仕事/ビジネス/起業/パートナー

「金融リテラシー」

投稿日:2016年12月13日 更新日:

最近よく耳にするようになった金融リテラシーとはどういう意味なのでしょうか。
リテラシー(英:literacy)は「言語により読み書きできる能力」のことであり、元来「識字」と日本語訳されてきた言葉です。健康リテラシーなどいろいろな言葉と組み合わせて使われています。
例えば情報リテラシーについては、「情報を自己の目的に適合するように使用できる能力」と定義されています。「情報リテラシーの向上」とか、「情報リテラシー教育」と使用し、各種の入門書や解説書が発売され、通信講座等が開設されています。

パソコン・周辺機器
「金融リテラシー」の定義について情報検索するとそれ自体は見当たりません。
しかしながら、近年の金融の自由化の進展、それに伴う金融商品・サービスの高度化・多様化が進む中で、個人として、より適切な金融取引等を行うためには、「必要な金融の知識や情報を取得し、金融を主体的に判断できる能力」を養うことが大切になってきています。
個人を取り巻く経済・金融環境が近年大きくかつ急速に変化し、生活者としての個人にも自己責任が求められる場面が増えてきており、金融取引等の場で自己責任を全うできる能力の養成が必要となっています。

パソコン・周辺機器
自己責任が求められる場面は、自らの生活設計、金融商品の選択、金融資産の運用、クレジットの使用など、また、最終段階としての金融取引契約の締結が考えられます。ですので、金融リテラシーとは、必要な金融の知識や情報を取得し、金融を主体的に判断できる能力を養い、「賢い消費者」として行動することと定義してもいいのではないでしょうか。

パソコン・周辺機器

-お金/不動産/投資/FX, 仕事/ビジネス/起業/パートナー
-, , , ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

「生涯賃金」

生涯賃金という言葉をご存知ですか? 読んで字の通り生涯において、どれだけの賃金を稼いだかという意味の言葉です。 誰でも給料や報酬を毎月貰っているので、漠然とした金額は把握している人も多いと思いますが、 …

「メリマンの法則」

相場の世界には天文学駆使して利益狙うプロの運用者がいます。その第一人者がメリマンというアナリストです。 メリマンはアメリカ人の相場アナリストで、アストロロジーで有名です。アストロロジーとは、金融占星術 …

「甘えたい」part2

  単純に信頼できる人間関係を築けない人が多いのかな 安心して甘えられない、甘えられる相手がいない。 甘えたら嫌われるんじゃないか、重たく思われるんじゃないか、だから甘えられない。 それはつ …

「世界誇れるスーパーコンピューター」

日本には世界誇れるスーパーコンピューターがあります。 その名もスーパーコンピューター「京」といい、京の開発費は総額1120億円に上ると言われています。 京とは計算速度が毎秒1京回できることから名付けら …

「通貨」

皆様が普段使っている通貨「円」ですが、現在は1ドル103円前後ですよね。 明治時代には1ドル=1円だったそうですが、太平洋戦争で無条件降伏の敗戦国となり、あのダグラス・マッカーサーが1ドル=360円に …