その他 恋愛/結婚/不倫 遊び/夜遊び/大人の遊び

「クリスマスといえばシャンパン」

投稿日:2016年12月15日 更新日:

クリスマスといえばシャンパンですね。本日はシャンパンについての豆知識をお届けしますね。

日本ではお馴染みのシャンパンですが、本当はシャンパーニュと呼ぶのが正しいようです。
シャンパンフランスのシャンパーニュ委員会では正式名称「シャンパーニュ」を使って欲しい、と呼びかけていますが、「シャンパン」が既に日本語として定着していることや、フランス語の音韻に近いことから、従来通り「シャンパン」と呼称する方が多いようですね。

パソコン・周辺機器

シャンパンは、仏シャンパーニュ地方で生産されたブドウのみを使い、瓶内二次発酵を行った上で封緘後15ヶ月以上の熟成を経た、いわゆるシャンパン製法の発泡ワインを指します。
元となるワインは様々なレシピによりブレンドされる点や、二次発酵のために発泡のもととなるシロップを添加(ティラージュ)、また仕上げにリキュールとシロップの添加(ドサージュ)する点も特徴です。
ほぼ同様の工程を経た発泡ワインに、スペインの「カヴァ」、イタリアの「スプマンテ」、ドイツの「ゼクト」等がありますが、シャンパンはその選定基準の厳しさと熟成期間の長さにおいて突出しています。

パソコン・周辺機器
現在シャンパンと言う場合、AOC(原産地呼称統制法)によって定められた定義に基づき、シャンパーニュ地方でつくられた7つのピノ系ブドウ品種、を材料として醸造された発泡性ワインのことです。
AOCが制定された当時、シャンパーニュ地方以外の地域でもシャンパンという名称で発泡性ワインが生産されており、発泡性ワインの一般名称でした。
現在でもカリフォルニア・シャンパンという呼称でカリフォルニア産の発泡性ワインがつくられているのは、200年以上生産されてきた歴史に基づいています。
しかし近年では、フランスのAOC法が尊重され、AOCの規格に則って製造されたシャンパーニュ地方製の発泡ワインだけが、シャンパンと名乗ることを認められ、その他のフランス製発泡ワインはヴァンムスー(Vin Mousseux)と呼びます。

パソコン・周辺機器

なお日本ではこれに似せて作られた清涼飲料水を「ソフトシャンパン」と名付けて販売していたことがありますが、フランス政府からの抗議があり、シャンメリーという名称に変更されたそうです。(クリスマスでお馴染みですね。)
またスイスのシャンパーニュでは、フランスのシャンパーニュより早くから伝統的にワインをつくっていたが、1974年に世界貿易機構により、この土地で生産されたワインやビスケットなどについて「シャンパーニュ」というラベルを使用することをやめるよう命令されたそうです。

いかがですが、シャンパンといっても厳格な規定やルールがあり、似たような商品でも、シャンパンと名乗る事が出来ないのですね。

-その他, 恋愛/結婚/不倫, 遊び/夜遊び/大人の遊び
-, , ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

「泣ける話です。」

これは、私がネットで見つけた話なのですが、涙が止まらなかったのでご紹介しますね。 さあ、準備はいいですか? 周りには誰もいませんか? ハンカチはもちましたか? どうして私がいつもダイエットしてる時に( …

no image

「電子マネーで決済」

コンビニエンスストアのレジに並んでいると、最近は電子マネーで決済する人が目立って来ましたね。一昔前は、電子マネーなんて使う人は少なかったと思います。学生時代に電子マネーについて論文を書いていた友人がい …

「相変わらずだね^^」

「相変わらず、毎日、楽しそうだね。儲かってるの?」って言われました。 運用も順調に行ってるからね^^ 問題なく楽しく毎日過ごしてます。 やっぱり、運用結果が気になるみたいのようです。 俺を知ってる人は …

「玉みがかざれば光なし」

「玉みがかざれば光なし」という諺があります。 直訳すると『どんなに良い玉(宝石)でも掘り出しただけではただの石、 よく磨いて初めて美しく光る玉になる』となりますが 『人間だって同じで、どんなに良い素質 …

no image

「結婚生活」

  結婚して、早い事12年目になります。 でき婚だったので、いろいろと揉める事もたくさんありました。 乳飲み子を連れて、慣れない東京生活が、始まったのが12年前。 嫁さんには、苦労のかけっぱ …